未分類

着物手帳を手にしたら……

一番後ろのページをめくっていただくと、1年間のカレンダーに並んで、ご自分の名前や住所をご記入いただくページがあります。

「すごい奇跡的なことが起こった」という報せが入ったことがあるのです。旅先で手帳を落としてしまった方から、夏場に再注文を頂戴したことがありました。当然その年も半ばで売り切れでしたのでお詫びをして、少しキズがついた、検品から外された物を差し上げたことがありました。

それから数日後、旅先で偶然拾われた方から送られてきたのだといううれしい知らせが舞い込んだのです。

編集部でも、この「Personal Memo」の部分を記入しないで使用しているスタッフが多かったので、目から鱗! のお知らせでした。

 

そして、寸法のページ!

こちらにも、分かる範囲でご自分の寸法を記入しておいてください。

昨年の手帳から転記すると、いよいよ新しい年が始まる気がするという、長年のユーザーさんもいらっしゃいます。

 

そして、カバーをご自分の好きなものにカスタマイズ!

もちろん、このままお使いいただいてもよろしいのですが、着物手帳のカバーは毎年テーマごとに着替えることができるのです。

そのほか、ご自分の好きな生地や和紙や余り裂などで作っていただいてもOK!透明のビニールカバーを上手にご活用ください。

着物手帳のサイズは、文庫本のサイズと近いので、市販の文庫本カバーをかけてお使いいただいている方もいらっしゃいます。

その他、家族の誕生日や記念日を記入し、大きなイベント予定などを書き込んだら完璧なカスタマイズのできあがりです。

このあたりまでしていただくと、『着物手帳』がお手元に届いたときよりも少し愛着がわいてきませんでしょうか?

来年1年間、この着物手帳とともに、心豊かで輝ける日々になりますように!

オリジナルカスタマイズのアイデアや事例のお写真など、ぜひ編集部へお寄せくださいね。